News

健康チョコレート(゚д゚)!

2016年10月22日

こんにちは(^^)/

R’s hair 福田竜士です。

 

オープンしてから、R’s hairではカラーやパーマの待ち時間にお飲み物とGODIVAのチョコレートやクッキーを

お出ししてましたが、チョコレートを別なものを用意しました…

 

それが題にもある健康チョコレートです!!!

healthychocolate

どのようなチョコかというと…

 

体に悪いものを排除して健康と美容にうれしい成分をプラス

チョコレートには体に好ましくない悪影響を与えるものが含まれています。たとえば白砂糖。
白砂糖は、精製過程でビタミンやミネラルなどの微量栄養素が失われていて
体内で分解する際、ビタミンB1やカルシウムが消費されます!!

また肥満・心臓病につながったり、肌の老化を引き起こしたり、
さまざまなデメリットがあるらしいです!!!

あとは油脂!!!

多くの市販のチョコレートには、植物性油脂のパーム油が多く使われており、体に害のある
「トランス脂肪酸」が含まれているものもあります。

トランス脂肪酸は食品からとる必要はなく、
むしろとりすぎた場合の健康への悪影響が注目されている成分。
なるべく体に入れないほうがよいのです!!

トランス脂肪酸が体に悪いって本当?

  • 脂質は三大栄養素の一つであり、食品からとる量が少なすぎると健康リスクを高めることがあります。一方で、脂質は炭水化物(でんぷんや糖類)、たんぱく質に比べて、同じ量当たりのエネルギーが大きいため、とりすぎた場合は肥満などによる生活習慣病のリスクを高めることも知られています。そのため、飽和脂肪酸やある種の不飽和脂肪酸には、食品からとる際の目安量や目標量が定められています。ハート

  • トランス脂肪酸については、食品からとる必要がないと考えられており、むしろ、とりすぎた場合の健康への悪影響が注目されています。具体的には、トランス脂肪酸をとる量が多いと、血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が増えて、一方、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が減ることが報告されています。日常的にトランス脂肪酸を多くとりすぎている場合には、少ない場合と比較して心臓病のリスクを高めることが示されています。

  • トランス脂肪酸による健康への悪影響を示す研究の多くは、トランス脂肪酸をとる量が多い欧米人を対象としたものであり、日本人の場合にも同じ影響があるのかどうかは明らかではありません。

  • 油脂の加工でできるトランス脂肪酸と天然にあるトランス脂肪酸では、健康に及ぼす影響に違いがあるのかどうか、また、たくさんの種類があるトランス脂肪酸の中でどのトランス脂肪酸が健康に悪影響を及ぼすのかについては、十分な証拠がありません。

    引用元 農林水産省H.P

 

それでも「チョコレートが食べたい!」という方のためにできたのが、健康チョコ。

砂糖は一切使わず、体に悪影響を及ぼす恐れのある油も不使用。
代わりに使っているのは、亜麻仁油、オリーブ油、
ココナッツオイル、ココアバター!!
亜麻仁油はオメガ3と呼ばれる「n-3系脂肪酸」のαリノレン酸を
豊富に含み、オリーブ油は体に必要な必須脂肪酸や抗酸化物質を含みます。
そして、ビタミンDと、ドロマイトというカルシウム・マグネシウムが補給できる
成分も加えています。
さらに、 ENM有用微生物発酵残渣エキス、乳酸菌をプラスすることで、
酵素活性や腸内環境や代謝をサポート。
チョコレートを食べるという楽しみに加え、健康や美容への効果も期待できる
うれしいチョコレートです。

healthychocolate00

 

というわけでケアに特化したサロンを目指してるR’s hairとしては取り入れたいものでしたので

次回ご来店からはこちらのチョコレートをお出し致します(^^♪

 

ちなみに販売も致しますのでご希望の方は福田まで(^^♪

LOUVREDO
健康チョコ

NET 180g(4g×45包)

希望小売価格6,000円(税別)

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です